« 焼肉シュミレーション!? | トップページ | まるでルパン三世 »

2005年9月 8日 (木)

『セルラー』

CELLULAR
ネムコさんのブログで『セルラー』の記事を読んでから
この映画、気になっていました。

今回もDVDを買おうと思いあるDVD屋さんに行ったのですが、
その店で3,280円の中古DVDを発見しました。
ヤフーショッピングで新品が3,140円(定価3,990円)です。
中古のが高いってのがどうしても納得がいかないので
今回はレンタルで観る事にしました。

ストーリーは…
高校の生物教師ジェシカ(キム・ベイシンガー)が誘拐されて、
どこかの家の屋根裏に監禁されてしまう。
いずれ確実に殺されると悟った彼女は壊された電話のコードを接触させ、
外への連絡を試みる。やがてそれは、ライアンという青年の携帯に繋がるのだが…。

監禁されて恐怖におののくジェシカ、
初めは信じなかったが誘拐が事実だと知り
ジェシカを助けようと必死に走り回るライアン。
この2人をつなぐのは電話だけ。
ライアンの携帯が切れたらジェシカはおしまい…。
緊張感(ジェシカ側)の中に、
ドタバタのズッコケ(ライアン側)の対比が実におもしろい。
今は携帯電話を誰でも(?)持っている時代。
その携帯の機能を所々入れてストーリーを作っているので身近に感じられるのだろう。

どちらかというとB級(?)映画なのだろうけど
十分楽しめました!
たとえるなら、
「標準レベルの高校で、トップクラスの成績の生徒」って感じの映画でした。

それにしてもキム・ベイシンガーも歳をとりましたね~。
ボクの中では「愛という名の疑惑」(1992年)のイメージが強かったもので…。

|

« 焼肉シュミレーション!? | トップページ | まるでルパン三世 »

コメント

>たとえるなら、
>「標準レベルの高校で、トップクラスの成績の生徒」

うまい表現ですね(笑)
期待させすぎてたらどうしよぅってちょっと心配だったんですが、ちょうどいい具合に楽しんでもらえたいみたいで、私もうれしいです(*^-^*)

暗く重くなりすぎず、適度にスリルや緊張感があって…
でも、最後にはきちんと皆に平穏が戻って…
後味のよい、娯楽作でしたね♪

投稿: ネムコ | 2005年9月 9日 (金) 02:01

↑【ネムコさん】
時々、ネムコさんの映画の記事を参考にして
映画選びをさせてもらってまーす。(笑)
今回も記事を読んでいて観たくなってしまったのですから~。
スッキリした後味、良かったです!

投稿: アイズオンリー | 2005年9月 9日 (金) 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109534/5851225

この記事へのトラックバック一覧です: 『セルラー』:

» セルラー [カフェビショップ]
セルラー なーんだかB級サスペンスっていうかC級サスペンスっていうか、そんな感じです。 映像のつくりがちゃっちいので、そう感じるのかも。 まあでも、第1級じゃないけど、それなりに楽しめる。 けっこうコミカルで笑えるから。 監禁されたキム・ベイシンガー..... [続きを読む]

受信: 2005年12月29日 (木) 09:24

« 焼肉シュミレーション!? | トップページ | まるでルパン三世 »